HOME > 季節限定販売:幻の漬物「山東菜」

季節限定販売:幻の漬物「山東菜」

越谷の隠れた名産「山東菜(さんとうさい)」。楽農三恵園の「山東菜漬」は平成23年こしがやブランド認定品です。楽農三恵園では山東菜の生産・加工・直販まで一貫して行っています。

越谷伝統漬物「山東菜漬」販売のお知らせ

山東菜漬(さんとうさいづけ)

幻の漬物山東菜は、越谷の隠れた特産品です。全国発送承っています。次回販売予定は2013年12月です。

なお、現地販売では量り売りも行なっております。詳細は下記までお問い合わせください。
※楽農三恵園の山東菜漬は平成23年度『こしがやブランド』認定品です。

幻の漬物山東菜は、越谷の隠れた特産品です。全国発送承っています。

予約受付
今シーズンの販売は終了しました。
販売期間
次回販売は2017年12月を予定しています。
詳しくは、お電話にてお問い合わせください。
受付時間
10:00〜16:00
電話注文のみの販売となります。
問い合わせ番号
048-960-6288
配送について
12/15より発送開始となります。
※送料及び代金引換手数料はお客様負担となります。

楽農三恵園の山東菜作り

山東菜の収穫の様子
山東菜の収穫の様子

山東菜って?

山東菜は白菜と同じアブラナ科の野菜です。
しかし白菜は大きくなると結球(丸くなる事)しますが、山東菜はラッパ状になる半結球型です。そして白菜に比べ水分が多く、葉も非常に柔らかい性質なので、お漬物専用として使われています。鍋に入れたり、炒めたりといった加熱をすると、形がなくなりやすいです。

越谷の土は、山東菜に合う!

結球しない上に漬物専用の野菜なので、埃が立つ砂地の土質の畑では上手に作れません。山東菜を作るのに適した地域が越谷を含む埼玉県南東部です。
また、大きい野菜で漬物専用という事で年々生産量も激減しているのが現状です。

楽農三恵園の山東菜漬は添加物ゼロ!

山東菜のお漬物は、楽農三恵園が収穫後すぐに自社の工場で加工した手作りのお漬物です。添加物は一切使用使用していませんので安心してお召し上がりください。

畑で収穫を待つ山東菜たち
畑で収穫を待つ山東菜たち

山東菜のおいしい食べ方

山東菜はお漬物用として使用されるのがほとんどなので、その食べ方といえば当然、「山東菜漬(さんとうさいづけ)」となります。以下に、楽農三恵園で販売している山東菜漬のおいしい食べ方をご紹介します。

山東菜漬の召し上がり方と保存の仕方

召し上がり方

  1. 袋から出しましたら軽く水で流してから、優しくしぼり、お好みの大きさに切ってからお召し上がりください。
  2. お醤油、七味をかけるとより美味しさが引き立ちます。
  3. 盛り付け後はなるべく早くお召し上がりください。

保存の仕方

  • 樽で保存する事をおすすめします。また樽には中蓋を入れてから重石をのせてください。空気に触れる時間が長いと変色して美味しさが半減してしまいます。
  • 商品到着後は涼しく暗い場所で保存してください。10℃位が保存に適しています。
  • 重石をのせないで保存する場合は商品到着後五日以内にお召し上がりください。
  • 重石をのせて保存すると山東菜がより漬かります。お好みの漬かり具合でお楽しみください。

ページの先頭へ戻る

ヤサイクラブニュース

一覧へ

三恵園ニュース

2017.02.28
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。
2016.12.01
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。
2016.01.31
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。
2015.12.10
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。