HOME > ヤサイクラブ:活動レポートアーカイブ > 2010/04/25 寒い4月・・・、ようやく気温も気持ちも急上昇!

レポート一覧へ

2010/04/25
寒い4月・・・、ようやく気温も気持ちも急上昇!

天候:晴れ

季節はずれの雪が振った4月。種や苗などを早めに植えた方は、かわいい植物が雪や霜にやられていないか、気が気でないですよね。今月は気温が上がったり下がったり大忙し。皆さん、体調管理には十分に気をつけてくださいね。

4月25日のこの日は、雲ひとつない青空が広がり、朝から気温もグングン上昇。暑いです!天気予報を信じれば、今後は気温は上がっていくとのことですから、ヤサイクラブもピッチを上げていきますよ!

畑をのぞいてみると…、何もなかった1ヶ月前(前回のレポート参照)とは大違い。どの区画もほぼ土作りは終わり、マルチシートが敷かれています。ジャガイモやカブ、コマツナなんて、すでに芽が出て、だいぶ育ってきていますよ!ここまでくれば見た目にも立派な畑。9時過ぎにはまばらだったメンバーさんの姿も10時、11時と時間を追うごとに数を増し、うーん、活気に溢れてきました。私のテンションも自然とアップ!

ところで今回、昨年には見られなかった白いシートが、エダマメとトウモロコシの種を巻いた上に被されていますが…、これはいったい?話を聞くと“カンレイシャ(寒冷紗)”というものだそうで。ああ!畑でよく見かけるカマボコ状のカバーや、ハウスに使われている素材じゃないですか。カンレイシャっていうんですね、コレ。本来は夏の強い日差しを避けたり、防風、防寒、保湿をするための布のようですが、ここでは鳥にタネを食べられないために使用しているようです。毎回新しいアイテムが登場して、取材する私も気が抜けませんなあ。

タネを植える深さは、深すぎても浅すぎてもダメ。深すぎると芽が出ず、浅いと鳥に食べられたり雨で流されたりしちゃいます、なんてスタッフの吉田“大先生”の話を聞きながら、通りがかったメンバーさんの畑にふと目をやると…、トウモロコシのタネが丸見え(笑)!これはマズイ!“手は出さない”がモットーのヤサイクラブですから、その場でタネに土を被せることはしません。かわりに吉田さんが電話でクラブハウスに報告です。メンバーさん、早く来てケアしてくださいね(笑)。

お昼前、「これからネギ苗のまわりの雑草取りをしまーーす」ということでメンバーさん集合。区画に隣接した畑で育てられているネギの苗。この苗がいずれメンバー皆さんの畑に移植されます。何といっても楽農三恵園はネギ農家です。ネギの失敗だけは許されないのです(笑)。さあさあ皆さん、気合入れて雑草を抜きましょう!雑草取りって、いざ始めてしまうとこれが結構集中しちゃうんですよね。黙々と雑草を抜きまくっている皆さんの背中が、なんとも頼もしい!

毎度のことながら、メンバーの皆さんの汗や笑顔に私も触発されちゃいます。取材の帰り道などは、我が家のベランダに植えたばかりのミニトマトが、いつも以上に気になるのでありました。

取材・文/yochio


畑に緑が芽吹き始めました!


適度な疲労感が最高?
イイ笑顔ですねえ。


ワキアイアイ。笑い顔が絶えません。


ネギ苗を救え!雑草駆除大作戦!

ページの先頭へ戻る

ヤサイクラブニュース

一覧へ

三恵園ニュース

2019.03.05
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。
2018.11.09
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。