HOME > ヤサイクラブ:活動レポートアーカイブ > 2009/11/21 芋煮会を開催しました!

レポート一覧へ

2009/11/21
芋煮会を開催しました!

天候:晴れ

冬の足音が近づき、冷え込む日が増えてきた折、今回のレポートも取材前のイメージでは「すっかり寒くなりましたねえ」という出だしを想定していたのですが、予想を覆しポカポカの素晴らしい陽気となったこの日。皆さんの日頃の行いがとても良いのでしょうねえ。

本日は「芋煮会」でございます!

自分たちで育てて、採って、食って、そして楽しい。なんてエコでロハスなイベントでしょうか。

参加人数はおよそ30人。いつもの“伝授”より1時間早いスタート時間です。まずは食材となるサトイモを掘りました。若干成長不足に見えるサトイモたち。定植が遅かったのか、植える深さが浅かったのか、はたまた誰の責任でもないのか。それでも土の下では芋たちがちゃんと育っているのでした。

サトイモを掘り起こすと、中心の大きな芋(親株)の周りにたくさんの芋(子株)がくっ付いています。今回食べるのは“子”の方です。親と子を切り分けていきます。親とか子とかそんな言葉を使っていると、想像がヘンな方向に行っちゃうんですよね。案の定、そばで仕分けしているメンバーさんたちも「親がなくとも子は育つ…」とか「親でもなければ子でもない!」とかつぶやきながら作業しているわけで…(笑)。それでもしっかりと手は休めずに作業を続けているところがさすがです。ちなみに私の頭の中では学生時代に歌った合唱曲「親知らず子知らず」が頭の中をグルグルと回っていたのでした…。

芋堀の後は“宴”の準備です。芋が主役のけんちん汁のほかに、前日から仕込んであるモツ煮込鍋に赤飯が振舞われます。準備段階から会場内にはモツ煮のイ〜イ匂いが漂って…、たまりませんな!

けんちん汁に使われる大根とネギはもちろん楽農三恵園産。これ以上の素材はございません。モツ煮に使用されるのは、豚三頭分のモツ!すごい!小豆ではなく“ささげ”を使った赤飯には、越谷産のもち米。ちなみに“ささげ”は楽農三恵園産。オールスターキャストでございます。

準備も完了していよいよ“宴”がスタートです。取材中の私はひとまず飲食はおあずけなのが悔しい!

みなさん、どうですか?お味は?美味しいですか?

顔を見れば、答えを聞かなくてもわかりますよ。

食事をしながらメンバーさんがそれぞれ自己紹介。畑以外の話題やそれぞれの想いを聞けて、メンバーさんたちお互いに距離が少し縮んだ様子。こういうイベントって大切ですね。今後のヤサイクラブ活動も、より一層充実していくことでしょう。

そして、私も取材後にはしっかりと料理をいただきました。
おいしーーーーーーい!!

取材・文/yochio


せーの!よいしょ!


はい、たくさん獲れました。
これから調理場の方へ運びますよー。


自分たちの畑もちゃんとチェックです。
みてみて、白菜!大きいでしょ?


自分たちで面倒みて収穫した作物の味は
最高ですね。


お帰りの際には、余ったサトイモを
みんなで自由に持ち帰り。

ページの先頭へ戻る

ヤサイクラブニュース

一覧へ

三恵園ニュース

2019.03.05
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。
2018.11.09
季節限定販売幻の漬物「山東菜」」ページを更新いたしました。